メルストブログなのだよ

メルストブログなのだよ

「メルクストーリア」についてだらだらと

2017年のメフテルハーネを振り返らない!

 

メルストについて浅く広く書き連ねつつ、気づいてみれば今年も残り

7週間ほどとなりました。

というわけで今回は2017年の私のメルストライフを

f:id:ragragna:20171113125310p:plain

振り返ってみようと思い、こうしてアイキャッチ画像も作ったわけですが、

やっぱり止めます。

そんな平和な事を書いてる場合じゃありません!

事態は逼迫しているのです!

 

 

 

今回はこちら!

f:id:ragragna:20171113130424p:plain

反省会と言っても会議は私一人で進めるわけですが、もうとにかくギルバトの

パーティーが限界なので、改造も辞さないという覚悟で考えてみようと思います!!

 

そもそも反省会を開く発端となったのは昨夜のギルバトです。

トナメは今回も2日目敗退。。

私個人に至っては情けない事に

f:id:ragragna:20171113131906p:plain

この祈りを突破するのに11分ほどかかってしまいタイムオーバー><

サリー失格ですね。。

だったらもっと早く出撃しておけばという反省点も浮かびますが、早く出撃して

22:40に間に合わせるのではなく、火力を上げて22:40に間に合わせたいというのが

私の理想です。

そんなわけで今回はギルバトのパーティーをしっかり見つめ直そうと思います!

 

ちなみに昨日のコンディションは、

f:id:ragragna:20171113133857p:plain

突・弓特攻。

これが魔法だったらあるいは時間内に突破できたかもしれませんが、まぁ仮定の話は

しても仕方ないですね。

パーティーはこちら。

f:id:ragragna:20171113134118p:plain

ゾンビが前線で耐えて回復が補助、火力が削るというスタンダードな編成です。

有用な弓や銃を持ち合わせていれば特攻に合わせて後衛を入れ替えるのですが、

持っていないので毎回このパーティーで固定です。。

ここも改善点の一つですね。

シードは

f:id:ragragna:20171113134905p:plain

ソウルと5属性分のブレイク。

テラロアやパライズ等の補助的なシードを使って生存率を上げる → コンテが減って

時間も短縮という考え方も有りますが、肝心の火力は上がらないのでその案はボツ!

シードはまぁこれで良いでしょう。

ルーンはアタック・クイック・属性ルーン。

純粋に与ダメのみを追求した組み合わせなのでこれも良し。

 

やはりパーティー構成ですかね~

薄々・・・いや、はっきり気付いていましたが、私のパーティーは低火力。

だって火力役が3体しかいないですもん。。

中衛ボーナスも無いですし。。

というわけでパーティーについて考えていきましょ(`・ω・´)

 

 

以前挑戦して断念したのが

f:id:ragragna:20171113140644p:plain

こんな感じの中衛打撃で止めるパーティー。

スヴィーも含めると火力役が4体に増え、さらに中衛ボーナスも付くので火力面では

申し分ないですね。

ただ、当時はユニット枠がカツカツで、フィクセイトの経過秒数を稼ぐ術がパライズ

くらいしか無かったので、足止めが上手い事いかずに断念しました。

シードもスタブ・ストライク・パライズで3枠使うとブレイクが5属性に対応しきれなく

なってしまいますし。。

 

でも今なら!

当時と比べて手持ちの銃も多少増えてきていますし、魔法を銃にする事ができれば

スタブを外せてシード枠に余裕も生まれます。

ちょっと組んでみましょ。

f:id:ragragna:20171113142633p:plain

ふぅむ(。-`ω-)

(あ、今更ですが、当記事は3か所出撃を前提に色々考えてます)

悪くはないんですよね。

でも4体攻撃を2体も入れるべきなのかというとちょっと疑問です。

銃ならペネトレイトで貫通できるので、なんなら2体攻撃でも充分な気がします。

でもでもペネトレイトを外せば空いた枠に属性ルーンをさらに装備できるので、

その分与ダメは上がるでしょう。

そう考えるとやっぱりこの編成も悪くはないのですが、やっぱり4体攻撃よりも

3体攻撃の方がしっくり来るような気がします(。-`ω-)

 

手持ちの★4以上の3体攻撃銃はクリオネットだけだったので、試しに入れてみると

f:id:ragragna:20171113143637p:plain

こんな感じに。。

レインボーズが消えてなんか寂しい!

 

レインボーズも付けるとすると

f:id:ragragna:20171113144023p:plain

こんな感じに。

だいぶ良くなってきた気はしますね(´▽`*)

光の3体攻撃銃は★4以上だとロスコーしかいないので、彼がピックアップされたら

狙ってみるのも悪くはなさそうです。

しっかりフル覚醒してLvもカンストさせれば

f:id:ragragna:20171113134118p:plain

今使っているこのパーティーよりは総ダメージは稼げる事でしょう。

 

というわけで土台は決まり!

今後の私のギルバトパーティーの候補は、改めて

f:id:ragragna:20171113144023p:plain

こちらでございますよ(`・ω・´)

とりあえずは真ん中の3体の育成を進めないとですね。

 

続いては秒数稼ぎをどうするかについて考えます。

フィクセイトルーンは戦闘開始からの経過秒数が多いと発動率が上がるわけで、

経過秒数が稼げていない戦闘序盤はなかなかフィクセイトが発動せずに足止めしづらい

状況がしばらく続きます。

このパーティーでフィクセイトが発動しないのは致命的なので、しっかり秒数を稼いで

発動率を上げないとですね!

最もポピュラーな秒数稼ぎは

f:id:ragragna:20171113153543p:plain

パライズでしょう。

これ1発で17秒も稼げます ♪

デメリットとしてはシード枠を1つ使ってしまうので、その分ブレイクを2属性ブレイク

にする必要があり、そうする事で与ダメも落ちてしまいます。

2属性ブレイクは効果が低いですからね。。

 

もう1つの秒数稼ぎの手段としてはソーサリールーンを装備させた魔法ユニットを

救援で呼びまくり、彼らがボスを押し出し続ける事でその間の秒数を稼ぐ、いわゆる

救援ソサを使った方法ですね。

こちらのデメリットとしてはユニットやルーンの数が必要なので、まずはそれらを

揃える手間がかかる事と、あとは1体目にタフネスが高いボスが出てきたら押し出しが

あまり効かないので、この方法自体が破綻してしまう事ですね。

でもこれらのデメリットを乗り越える事ができれば30秒近くは稼いでくれるでしょう。

 

救援ソサにはユニット枠という問題も有りますが、私は前衛回復用に救援回復を15体

ほど編成しているので、この救援グループを崩して待機させる事で解決できそうです。

パライズにしろ救援ソサにしろどちらもデメリットは有りますが、不慣れな私は両方を

併用する事で経過秒数を稼いでいければと思ってます。

とりあえずはルーンを集めて強化して、あとは練習ですね(`・ω・´)

 

 

最後に最も重要な課題、「足止め」です。

ヴェロニカはリーチが長いので問題ありませんがスヴィーはリーチが110しかなく、

スヴィー以上のリーチを有するボスがメルストには何体か存在します。

彼らにどう対抗するかは大きな課題ですね。

ヴェロニカだけで足止めを維持できるかとなると彼女はリーチが長い分フィクセイトの

発動率は低いので安定はしません。

そもそもヴェロニカだけで止められればスヴィーを入れる必要は無いですしねw

それではスヴィーとヴェロニカのスヴェコンビでリーチ110以上のボスにどう対抗

していくか・・・

残念ながら時間が無くなってしまったので次回に回します><!

 

 

 

というわけでギルバトのパーティーについて色々考えてきました。

基本的に当ブログの記事は一話完結を基本理念としていますが、今回の内容は当初の

予定と異なり、昨夜のギルバトが悔しくて突発的に書き始めてしまったものです。

画像を用意したりする時間があまり無いまま、内容も完結できませんでした。。

おいおいギルバトどころかブログもタイムオーバーかよ(・∀・)

なんて言われたら超凹む自信は有りますが、まぁ何にせよ新パーティー構想の土台は

固まったように思います。

それではまた次回(´▽`*)ノシ

 

 

雑記に関する他の記事はこちら